2016年10月29日(土)           JR鶴見駅・CIAL改修4周年記念イベント
2016年10月22日(土)           第29回ヨコハマWaiWaiフェスタ
2016年10月10日(月)          横浜元気!!スポーツ・レクリエーションフェスティバル2016
2016年10月1日(土)           菊名ウォータープラザまつり
2016年8月17日(水)           子どもアドベンチャー
2016年7月23日(土)            水のあれこれ体験会2016 
2016年6月2日(木)            水道週間イベント
2015年10月24日(土)          よこはまWaiwaiフェスタ2015
2015年10月3日(土)           菊名ウォータープラザまつり
2015年8月29日(土)           桜木町駅・二代目横浜駅誕生100周年記念イベント
2015年8月29日(土)           水のあれこれ体験会
2015年8月22日(土)           創設100年記念にしやまつり
2015年8月19日(水)、20日(木)    Save the water 2015あなたの水スタイルを提供するイベント
2015年8月18日(火)           子どもアドベンチャー
2015年8月3日(月)            水の日イベント
2015年8月3日(月)            神奈川リフレッシュプログラム「福島の子ども・こらっせ神奈川」
2015年7月29日(水)〜31日(金)    おいでよ!かながわ2015保養プロジェクト
2015年6月6日(土)            水道週間イベント
2015年1月17日(土)            小雀浄水場創設50周年事業
2014年11月                 ネパール指定基金について
2014年11月8日(土) 10:00〜15:00  第3回ほどがや「つなぐ☆ふれ愛」フェスティバル
2014年10月25日(土) 10:00〜15:00   WaiWai フェスタ
2014年10月17日(金)           水道創設記念イベント
2014年10月4日(土)  10:00〜15:00  菊名ウォータープラザ祭
2014年8月20日
(水)21(木)
        水循環基本法の学習会
2014年8月20日(水)21日(木)  10:00〜15:00  水と緑のスタンプラリー
2014年8月19日(火)21日(木)   10:00〜15:00  子供アドベンチャー
2014年8月01日(金)21日(木)  10:00〜15:00 「水の日」イベント
2014年5月31日(土)6月1日(日)   10:00〜15:00  水道週間への協力について
2014年4月26日(土)21日(木)    10:00〜13:00  第85回かながわ中央メーデー


2014年8月20日(水)〜21日(木)
水循環基本法講演会
横水会館 水循環基本法講演会 日時:2014年8月20日(水)〜21日(木) 10:00〜17:00

場所:かながわ県民活動サポートセンター2階ホール

報告:「神奈川県の水循環系のいま」   
      NPO法人海の森・山の森 理事長 豊田 直之さん、

    「水循環基本法制定の背景」
      東京大学名誉教授 高橋 裕さんの講演会に際し、
      講師謝礼等の協力をした。
2014年8月20日(水)〜21日(木)
水と緑のスタンプラリーについて
横水会館 水と緑のスタンプラリー横水会館 水と緑のスタンプラリー



日時:2014年8月20日(水)〜21日(木)10:00〜17:00


場所:横浜駅東口新都市プラザ(そごう前)

報告:水源列車は、2日間で約1,200人が乗車し、水源の大切さと
    おいしい水・安全な水についてPRすることができました。

2014年8月19日(火)
子供アドベンチャーについて
横水会館 子供アドベンチャーについて 日時:2014年8月19日(火)10:00〜15:00

場所:水道記念館

報告:水源列車は、366人(大人 79人、子供287人)が乗車し、水源の大切
    さとおいしい水・安全な水についてPRすることができました。
2014年8月1日(金)
三局合同(水道局、環境創造局、道路局)
「水の日」イベントについて
横水会館 「水の日」イベントについて
日時:2014年8月01日(金)10:00〜15:00

場所:桜木町駅前広場

報告:水源列車は、600人以上が乗車し、水源の大切さとおいしい水・
    安全な水についてPRすることができました。

2014年5月31日(土)〜6月1日(日)
水道週間への協力について
横水会館 水道週間への協力について 日時:2014年5月31日(土)10:00〜15:00〜6月1日(日)10:00〜15:00

場所:桜木町駅前広場

主催:横浜市水道局

内容:水道週間に当たり、水源列車の運行で水循環の重要性を乗車体験
    (述べ乗車数1,800名)にPRすることができました。
2014年4月26日(土)
第85回かながわ中央メーテー
横水会館 第85回かながわ中央メーテー
横水会館 第85回かながわ中央メーテー


日時:2014年4月26日(土)10:00〜13:00

場所:臨港パーク

主催:連合かながわ

内容:メーデー参加者等へ水源列車の運行で水循環の重要性を乗車体験、パネル展示で水問題を訴えました。

2014年10月4日(土)
菊名ウォータープラザ祭

日時:2014年10月4日(土)  10:00〜15:00
場所:菊名ウォータープラザ
主催:水道局
内容:水源列車の乗車体験を通じた、水源の大切さとおいしい    水・安全な水についてのPR

2014年10月17日(金)
水道創設記念イベント

日時:2014年10月17日(金)
場所:桜木町駅前

2014年10月25日(土)
WaiWai フェスタ

日時:2014年10月25日(土)
場所:横浜公園
主催:横浜地域連合
内容:水源列車の車両体験を通じた、水源の大切さとおいしい
    水・安全な水についてのPR

2014年11月8日(土)
第3回ほどがや「つなぐ☆ふれ愛」フェスティバル

日時:2014年11月8日(土) 10:00〜15:00
場所:NTT新保土ヶ谷ビル
主催:NTT神奈川支店
内容:水源列車の乗車体験を通じた、水源の大切さとおいしい水・安全な水についてPR、防災に対する水缶の備えなどの啓発普及。

2014年11月30日(日)
ネパール指定基金について

2014年11月、公益財団法人ユニセフ協会神奈川県支部の呼びかけにより、当会館窓口で「ネパール指定基金」に取り組みました。
会館利用者等により、1か月間の短い期間でしたが34,176円が集まりました。
ご協力ありがとうございました。

2015年1月17日(土)
小雀浄水場創設50周年事業

小雀浄水場創設50周年記念事業(ドッジボール大会)が2015年1月17日行われ、平行行事として水源列車を運行しました。
参加された生徒の皆さんをはじめ、父兄、引率の先生などにご乗車頂き、水源涵養機能や、いつまでもおいしい水を飲めるようにする心がけなどを伝えることが出来ました。
(小学生・父兄106名、スタッフ等58名)

2015年6月6日(土)
水道週間イベント

毎年行われている横浜市水道局の水道週間のイベントに水源列車を走らせ協力しました。
水源列車の運行で、水源保全の重要性や安心して飲める水のことなどをPRしました。なお、乗車数は大人122名、子ど220名の合計342名でした。

2015年7月29日(水)
おいでよ!かながわ2015保養プロジェクト

震災以降、放射能汚染の影響で外遊びが制限されている福島の子どもたちを県外に招き、心と身体のケアを図ることを目的に実施されるこの行動に、よこはまの水「はまっこどうし」を13箱約300本無償提供します。

2015年8月3日(月)
神奈川リフレッシュプログラム「福島の子ども・こらっせ神奈川

東日本大震災による地震・津波・原発災害から4年を経て、楢葉町でも帰還の動きが本格化する中、現地の仮設住宅などで生活をしいられている方々、特に子どもたちの健康と学習を守り育てるために実施されること行動に、横浜の水「はまっこどうし」を役10箱240本、無償提供します。

2015年8月3日(月)
水の日イベント

昨年の法律改正で8月1日が「水の日」と位置づけられました。横浜市の関係3局は、水の日のイベントを実施しました。当会館も水源保全や水の大切さをPRするため、水源列車の体験乗車を通じて協力しました。当日の乗車数は、大人153名、子ども185名の合計338名でした。

2015年8月18日(火)
子どもアドベンチャー

「子どもアドベンチャー2015」は、夏休み期間中を利用して、横市内の小中学生などを対象に、キャリア教育の視点から、「働く」ことや様々な社会体験を通じた「人との交流」の機会を提供。その中で、子どもの夢を親子で語り合うなど、親子のふれあいをきっかけづくりとします。
横浜市役所をはじめとした公的機関や民間企業等の協力を得て、今年は物の観察や丸太切り体験などを行います。さまざまな体験を通して子どもと夢を語り合うなど、親子の時間です。水道会館の協力内容は、水源列車の乗車体験を通じて、水の大切さや水源林保護・育成等をPRしました。当日の乗車数は、大人99名、子ども169名の合計268名でした。

2015年8月19日(水)・20日(木)
Save the water 2015

横浜市水道局は、「水道:水の大切さ、水のおいしさ、水を通した健康づくりについて理解を広げていただきます。
環境:イベントの実施テーマに環境貢献活動、環境水源かん養林のPRを盛り込みます。森林:横浜市水道局が所有する山梨県道志村水源地が、平成28年に100年を迎えることのPRをします」ことを目的にSave the water2015を行うことになりました。当水道会館は目的に賛同し、木工教室と水源列車の乗車体験を通して協力しました。1の乗車数は大人200名、子ども291名の合計491名、2日間トータルで1044名でした。

2015年8月22日(土)
創設100年記念にしやまつり

大正4年、当時の都築郡西谷村(現在の保土ヶ谷区川島町)に建設された水道局の西谷浄水場が、本年創設100年を迎えました。これまで支えていただいた市民の皆様に感謝の意を込め、また、暮らしとともにある「水道」に親しみをもっていただくため、水道局は「創設100年記念にしやまつり」を開催することになり、水道会館は水源列車の運行を通して、水の大切さや水源保全などのPR活動に協力した。運行距離も最長の60mを走行しました。当日の乗車数は大人270名、子ども360名の合計630名でした。

2015年8月29日(土)
水のあれこれ体験会

@講演会「かながわの水〜水中から覗いてみよう〜」、Aユニセフのパネル展示・水がめの体験(水と衛生を中心に)、B水源地の水を顕微鏡で視察、C水のろ過実験、Dキャラメルポップコーン、カキ氷、ヨーヨー釣り、輪投げを通して、水のあれこれ体験会を行いました。
当日はあいにくの天候でしたが、約300名に来場いただきました。来場者のうち、約1割強の方がこのイベントに関するアンケートに回答。アンケート調査結果からは、講演会(良い=54.05%、普通=8.11%、その他=37.84%)、ユニセフ関係(良い=54.05%、普通=24.32%、その他=21.62%)、顕微鏡(良い=78.38%、普通=5.41%、その=16.22%)、出店(良い=83.78%、普通=2.70%、その他=13.51%)でありました。アンケートの声としては、「水がこんなに問題になっていることを知った」や「子どもの勉強になった」などのご意見
も頂きカンパ金を加え神奈川県ユニセフ協会へ2万円寄付しました。

2015年8月29日(土)
桜木町駅・二代目横浜駅誕生100周年記念イベン

JR東日本の主催で「桜木町駅・二代目横浜駅誕生100周年記念イベント」が行われました。イベントを盛り上げるため、日本丸パークで水源列車を走らせました。当日の乗車数は大人217名、子ども175名の合計175名でした。初めて1日の乗車数で子どもを大人が上回りました。

2015年10月3日(土)
菊名ウォータープラザまつり

〜森と水の楽園〜体験しよう、自然と森の身近な水道!と題して、第8回菊名ウォータープラザまつりが行われ、水道会館は水源列車の運行を通して、水の大切さや水源保全の重要性、水源林の有効活用などをPRしました。当日の乗車数は、大人225名、子ども405名の合計630名でした。

2015年10月24日(土)
よこはまWaiWaiフェスタ

恒例の「ヨコハマwai!wai!フェスタ2015」は、今年も「東日本大震災への支援
フェスタ」と位置付け会場に出店した売上金の一部を東日本大震災へのチャリティー金として寄贈しています。水道会館は、水源列車の運行を通して、水の大切さ
水源保全の重要性、水源林の有効活用などをPRしました。
当日の乗車数は、大人166名、子ども182名の合計348名でした。

2016年6月2日(木)
水道週間イベント

日時:2016年6月2日(木)  11:00〜16:00
場所:JR桜木町駅前広場
主催:横浜市水道局
報告:当日は、横浜市内の公立小中学校が開港記念日で休校    のため、とりわけ多くの子供たちが乗車しました。乗車中    は水源涵養機能をはじめ飲用に適する水の供給体制を    維持するための、水道局の取り組みや市民住民の協力    の大切さなどを訴えました。水源列車の乗車数 大人      286名、子ども582名、合計868名。

2016年7月23日(土)
水のあれこれ体験会2016

日時:2016年7月23日(土)
場所;社家取水管理事務所、宮ヶ瀬ダム
報告:2016年7月23日(土)「水のあれこれ体験会2016」を開催しました。
参加者は中学生以下12名、中学生以下以外の者(大人)29名の方に参加していただきました。午前9時30分、海老名駅e-CATに集合していただき、当日開催されている「みずきフェスタ」(主催:神奈川県内広域水道企業団)の会場へ。10時開門後、社家取水施設(相模大堰)、ビオトープ、出展ブースなどを約1時間30分見学しました。その後、バスは宮ヶ瀬ダムに向け出発。12時30分、宮ヶ瀬ダムの水とエネルギー館のレストランで「ダムカレー」を堪能、ダム堰堤からその巨大さを見ながら、エレベーターでダム下へ。ダム下では記念撮影の後に、「ロードトレイン愛ちゃん号」で宮ヶ瀬ダムや小屋ダムの由来などの説明を聞き、パークセンター前に到着。再びバスに乗車し、宮ヶ瀬湖畔エリアで各自が散策、16時10分に海老名駅e-CATで解散しました。多くの参加者から「たのしかった」という声をいただき、主催者としても満足。ありがとうございました。

2016年8月17日(水)
子どもアドベンチャー

日時:2016年8月17日(水)
場所:横浜水道記念館
報告:台風一過の8月17日(水)、横浜水道記念館前(西谷浄 
    水場)
で子どもアドベンチャーへの協力として、水源列車
    を運行しました。
当日の乗車数は、大人91名、子ども  
    234名の合計325名でした。
乗車にあたっては、水源林 
    の働きとおいしい水の秘密、ヨコハマは
初めて物語など
    をお伝えしました。将来子どもたちが社会生活を営
むに
    あたり、何かの一助になれば幸いです。

2016年10月1日(土)
菊名ウォータープラザまつり

日時:2016年10月1日(土) 10:00〜15:00
場所:横浜市水道局菊名ウォータープラザ
主催:横浜市水道局
報告:恒例の「菊名ウォータープラザまつり」が10月1日(土)に
    行われ、
今年も水源涵養機能等のPRするため、水源 
    列車を走らせました。当日
は、大人281人、子ども376人
    の合計657人の皆様にご乗車いただきまし
た。併せて、
    9月30日(土)に保土ヶ谷区松原商店街内にオープンし 
    た、
横浜市の水源地である山梨県道志村が運営する
    「道志情報館水カフェ
どうし」の宣伝も行いました。

2016年10月10日(月)
横浜元気!!スポーツ・レクリエーションフェスティバル2016

日時:2016年10月10日(月・祝)
場所:日産スタジアム中央広場
主催:横浜スポーツ:レクリエーションフェスティバル実行委員会
報告:10月10日(月・祝)、日産スタジアム中央広場で横浜スポ
    ーツ・レクリエーション
フェスティバル実行委員会主催の
    イベントに参加しました。
森林は、生物多様性の保全、 
    土砂災害の防止、水源のかん養、保健休養
の場の提供
    などの極めて多くの多面的機能を有しており、私たちの
    生活と
深くかかわっています。今回のスポーツ・レクリエ
    ーションフェスティバルで
は、水源林の働きの紹介等の
    宣伝をするため「水源列車乗車体験」を行い
ました。当
    日の乗車数は大人376人、子ども594人の合計970人に

    楽しんでいただきました。

    併せて、9月30日(土)に保土ヶ谷区松原商店街内にオ
    ープンした、横浜市
の水源地である山梨県道志村が運
    営する「道志情報館 水カフェどうし」の
宣伝も行いまし
    た。

2016年10月22日(土)
第29回ヨコハマWaiWaiフェスタ

日時:2016年10月22日(土) 10:00〜15:00
場所:横浜公園
主催:横浜労働者福祉協議会
報告:10月22日(土)横浜公園で「第29回ヨコハマWai!Wai!フェスタ」
    で
水源列車を走らせました。水源列車の乗車では、「水源涵
    養機能、ヨコハマが発祥
のもの」などを説明しました。当日の
    乗車数は、大人154人、子供195人の
合計349人でした。併せ
    て、9月30日(土)に保土ヶ谷区松原商店街内にオープンした

    横浜市の水源地である山梨県道志村が運営する「道志情報
    館水カフェどうし」の
宣伝も行いました。

2016年10月29日(土)
JR鶴見駅・CIAL改修4周年記念イベント

日時:2016年10月29日(土)
場所:JR鶴見駅東口広場
報告:10月29日(土)、JR鶴見駅東口広場で、「JR鶴見駅・CIAL
    改修4周年記念イベント」の一つとして、横浜市水道局が道
    志村水源
林取得100周年等、災害時等の水の備蓄促進P
    Rのため、イベントを
行いました。水源列車は水源林の持つ
    多面的機能の啓発のために走
りました。当日の乗車数は、
    大人283人、子供335人の合計618人でした。

    併せて、9月30日(土)に保土ヶ谷区松原商店街内にオープ
    ンした、
横浜市の水源地である山梨県道志村が運営する
    「道志情報館 水カフェ
どうし」の宣伝も行いました。